雑草対策には100通り以上ある!後悔しないために知っておきたい!最適な対策を見つけるための3つの物差し!【画】

この記事はこんなお悩みをもつ方におすすめです!

 こんにちは、自称雑草バスターソムリエの田中です😁✨✨。この記事をご覧になっているということは、ご自宅の雑草に悩んでいらっしゃるのですね。私は日頃お庭のデザイナーをしているのですが、最も多いご相談は雑草対策です。私だけでも年間に100件以上の雑草に関するご相談を受けています。冬以外は毎日雑草に向き合っているような感覚です。

ところで雑草対策というと、どんな方法を思いつきますか?多くの方は、コンクリートで固めたり、防草シートを敷いたりと、だいたい2~3種類くらいと返答されることが多いですね。しかし、実際はざっと100通り以上!沢山の方法があります。たとえばコンクリートといっても、水を通すものや通さない
もの、色つきや模様つきのもの、滑らないものなど、さらに厚みも多々あります。単にどこでも同じようにコンクリートをすればいいわけではありませんし、当然価格も全て違います。コンクリートだけどもそれだけあるのですから、その他の方法も含めると、雑草対策には非常に多くの選択肢があると言うことがお分かりいただけたと思います。

そうであるならば、一体何を基準に検討すればいいの?そう思いますよね。私はこれまで雑草に関するこのような話を毎日してきました。そして、毎回一人一人のお客様のヒヤリングをもとに、最適な方法をお伝えしてきました。まさにソムリエのようにです。しかし、あまりに雑草に関するご相談が多いため、雑草対策に対しての基本を公表して沢山の方に知ってもらおうと考えたのです。
ズバリ!雑草対策には検討すべき3つの物差しがあるのです!つまり、最適な雑草対策を見つけるために、私は3つの視点でヒヤリングをしているのです。その3つをクリアできていなければ、折角お金を払って雑草対策しても、期待通りの結果が得られず残念なことになってしまいます。お客様の中には一度雑草対策をしたけれど、上手くいかなかった(涙)という経験を持っている方は少なくありません。その理由は、そもそも選択肢を知らなかったという方が50%、安さで選らんだ方が30%、自分でやった方が20%となっており、ほぼ全員の方がプロから適切なアドバイスを受けていなかったことが原因だといえます。このような苦い経験をお持ちの方に私は3つの物差しについて詳しくお話をさせていただきます。当然、もっと早く知りたかった!と皆さん言われますが、同時に、こんなに沢山の選択肢があったのね!と驚かれます。

雑草対策の話になると、3時間あっても足りないくらい伝えたいことがあるのですが、お忙しい中ご覧なっていただいている方も多いと思いますので、このページでは雑草対策を考えるときに必要な3つの視点について大切な部分のみお伝えさせていただきます。

目次
①雑草対策がやっかいな理由
②雑草対策の前に知っておくべきお庭のこと
③雑草対策の選択に必要な3つの視点
④雑草対策に失敗した事例
⑤雑草対策に成功した事例
⑥今雑草対策をしたい方へのお得情報


①雑草対策が厄介な理由(時間のない方は飛ばしてください)
 家の庭に雑草が生えていたら誰でもいい気はしませんね。誰でもといいましたが、少なくとも日本人の多くは、と言い換えておきましょう。草が大好きな方も世の中にはいますし、そもそも雑草という名の植物は存在しないとお叱りを受けるかもしれないので・・・。その話は別にして、家の庭に雑草が生えていたら何故いい気がしないのでしょうか。それは、
当然見た目の問題が大きいですよね。例えば、庭にもしゴミが沢山落ちていたら嫌ですよね。ゴミは掃除して綺麗にしなければならない。何故ならば、それが社会人として健全な営みであるからだという養育を受けて育っているからですね。雑草や落葉は、このゴミとほぼ同様な扱いだと認識されている方は、雑草を見るといい気分がしないわけです。このような観点で、雑草の茂る庭を周りの人に見られると恥ずかしいと感じるわけですね。他にも、雑草が多いと蚊が増えたり、靴が汚れたり、凹凸が見えず踏み外したりと、いろいろ困ることもあるのですが、やはり雑草の見た目のイメージの悪さが気分を害する大きな原因でしょう。
 そんなお庭では人気のない雑草ですが、対策を講じるのには非常に厄介な存在でもあります。つまり、簡単には雑草を抑えることができないという意味です。

 理由としては、まず、雑草には強力な生命力が与えられているからです。雑草をよく観察してみると、いろんな種類の雑草が競い合って生えているのが分かります。実はその一つ一つの雑草がおれぞれ特技を持っているのです。ある雑草はかなり乾燥したところでも平気で暮らせる特技があり、またある雑草は真っ暗な場所でも繁殖できる特技を持ちます。他にも、岩の割れ目でも育つ特技や湿地の中でも育つ特技、さらには他の植物の生長を妨げる物質を出して自分の生長を優位にするアレロパシーという特技を持つものもあります。つまり、雑草とは様々な特技を持った草の集まり、同時に強力な生命力を持つ個性派集団なのです。
 また、さらに厄介な理由として、雑草はあらゆる手段を使って庭への侵入を果たす能力をも兼ね備えている点です。雑草がよく使う手段は種を飛ばす手です。種といっても、様々な工夫が凝らされており、綿のような毛がついていて数キロ先から風に乗ってやってきたり、人の服や動物の体にくっついて忍び込んだり、動物のフンの中に潜んだりと、単純なものから手の込んだものまで様々です。一度侵入を許すと、種の多くは除草剤が効かない最強の構造をしているため、確実に繁茂を許してしまいます。また、雑草の中でも特に厄介な侵入方法として、地下に潜った茎が何十メートルも先まで伸びて芽を出すモグラ戦法です。どんなに抜いても地中の茎を取り除くのはまず不可能であり、予測もつかない場所から芽を出すことから、この雑草との対決は、まるで永遠と続くモグラたたきのようです。つまり、雑草とはあらゆる方法で我が家の庭に忍び寄る忍者のような存在なのです。

②雑草対策の前に知っておくべきお庭のこと(時間のない方は飛ばしてください)
 雑草との戦いは随分と長くなりました。多くの雑草対策をしてきたのですが、毎回雑草対策を考える前にお伝えしていることがあります。それは、雑草を抑えることが目的ではないという事実です。少し分かりづらいですよね。もちろんご相談の内容は雑草に困っているから、雑草がない庭を望まれます。しかし、雑草がないことはマイナスをゼロにしたに過ぎません。庭の活用がプラスになった訳ではないと私は考えています。下図の「お庭に対する満足度メカニズム」をご覧ください。この図は横軸に時間を縦軸に満足度を示しています。例えば、雑草が生えている状態は不快な状態ですので、横軸よりも下のグレー斜線部分に当てはまります。その不快度合いは時間が経つにつれて増してくることを意味しています。つまり、早く雑草対策をすれば早いほど不快感が少ないうちに開放されるということになります。

しかし、雑草から解放されたとしても、それは図のグレー斜線部分から解放されたに過ぎません。縦軸で見ると不快度と快適度の境界点、±0になるわけです。この状態は感情的に表現すれば、不快ではなくなったが決して快適で満足ではない、ということになります。それでは、快適な満足を意味する横軸の上、黄色斜線部分を多くするにはどうすればよいでしょうか。例えば、草が生えないだけではなく、季節折々に花が楽しめる花壇がある場合や、テーブルと椅子を置いてパラソルの下で美味しいコーヒーをお友達と楽しめる場合などが考えられます。つまり、庭を暮らしにどう活用するかが満足度向上を決めるのです。
 まとめますと、雑草が生えないことは不快を取り除くことであり、本当に快適な満足を得るには、どう活用するかが必要であり、それこそお庭の目的であるということなのです。

③雑草対策の選択に必要な3つの物差し
 雑草対策には、沢山の方法があることをお伝えしました。具体的に言うと、例えば、コンクリート舗装、樹脂舗装、防草シート、インターロッキング、砂利敷、ハニカム構造、透水舗装、タイル貼り、2次製品、アスファルト舗装、自然土舗装、乱張り、洗い出し舗装、芝生保護材、人工芝、レンガ敷、天然石敷、除草剤散布、土壌処理剤・・・など。それぞれに強度別と色別の組み合わせがありますので、それだけでも100以上の方法となります。ざっと上げてもこれくらいあるわけです。これまで私は、ヒヤリングしてこのうち1つか2つを提案したり、よく使う方法をお伝えしたりしていました。そうすると早く話が進むので、喜んで頂けているものだと勘違いしていました。なぜ、勘違いなのかというと、すでに雑草対策をしている方からの相談も増えきているからです。つまり、雑草対策をして数年後に後悔する方が増えてきているのです。これは、業界の1人として反省しなくてはならないと感じています。一方的な提案が生んだ副作用だからです。そこで、これまでの反省点を踏まえ、私は雑草バスターソムリエとして、最適な雑草対策を選択する際に考えるべき3つの視点を予めお伝えいたします。

まず、1つ目の視点は、対策の「機能性」です。ここで機能とは、雑草を抑えることができる能力の度合いということになります。例えば、防草シートで言えば、世の中に多くの種類が販売されています。しかし、それぞれ強度が違います。強度が違う理由は目的が違うからです。防草シートとは、地面の上に敷くことで、雑草が生えるのを妨げるものでご存じの方も多いと思います。しかし、あるシートは水をざるのように通し、あるシートは完全防水であったり、あるシートは人間の手では決して破くことができないが、あるシートは簡単に引き裂くことができたりすることはご存じでしょうか。雑草を防ぐといっても、農業用のように数年で入れ替えしたい場合や、ソーラーパネルの下のように長年にわたり防ぎたい場合など、期待する防草度合いも様々です。期待に応じて選択するシートも違いますし、価格も同然違います。これは例えばコンクリートでも同じことです。人が歩く程度の場所ならば大金をかけて厚くする必要はありません。しかし、車が通るのであれば、耐えられる程度の厚みが必要です。さらに、大型車両やトレーラーが通るならば、更に厚みが必要です。同じコンクリートでも強度が違うわけです。そして、費用も違うわけです。よって、どれだけの機能を必要としているのかをまずはしっかりと検討して、その機能をクリアできる防草対策を選択肢として選ぶ必要があるのです。

 機能性は、図「お庭に対する満足度メカニズム」のグレー斜線部分を解決します。よって、機能性の選択を誤ると、不快が解決されず、元も子もない状態に陥りますので、3つの視点の内でも最も最初に必要な視点として重視しなければなりませんし、時間をかけて検討する必要があります。
 次に2つ目の視点は、対策の「デザイン性」です。ここでデザインとは、仕上がりの見た目を意味しています。自宅の敷地内であるお庭は、工場や空き地と違い、住んでいるご家族の顔となる場所です。当然、見た目の美しさは欠かせません。足元を見ればその人が分かると古くから言われていますが、まさに、庭を見ればその家が分かると言い換えてもおかしくありません。だからこそ、デザイン性は非常に大切です。例えばコンクリートでれば、家の裏ならまだしも、玄関前であれば仕上がりを工夫したいものです。コンクリートには色を塗ったり、模様をつけたり、石を張ったり、樹脂で小石を固めたりと様々な方法で化粧をすることが可能です。当然のことながら、デザイン性を考えるにあたっては、どんな方法があって、それぞれがどんな仕上がりになるのか知っておく必要があります。仕上がりについては、できれば実物を見たり触りたいですが、少なくとも写真は見ておきたいところです。デザイン性は、図「お庭に対する満足度メカニズム」の黄色斜線部分を得られる要因です。よって、デザイン性をしっかりと吟味して最適な選択をすることは、毎日の暮らしが快適で素晴らしい日々に変わることを意味します。大切なお金を投じるからには、デザイン性を妥協するべきではありません。

 最後に3つ目の視点は、対策の「将来性」です。上の2つの視点との違いは時間軸です。つまり、「機能性」と「デザイン性」は現在の暮らし方を主に決定しますが、「将来性」は漢字のごとく、未来の暮らし方を主にします。つまり、将来はどんな使い方をする可能性があるのかを考えたうえで防草対策を選択しましょうということです。例えば、将来の可能性として菜園を作るかもしれないのであれば、コンクリートなどで固めずに、防草シートや人工芝を敷いておけば、いつでも簡単に低コストで菜園に変えることが可能になります。例えば将来周囲をブロックで囲う可能性があれば、防草対策時に排水用の集水マスを設置しておけば、将来排水に困ったりやり直したりする必要がなくなります。将来性は、図「お庭に対する満足度メカニズム」の横軸の満足度が長期にわたり得られ続けるために必要な視点となります。ただし、一般の方が将来性について対策を講じることは、よっぽどの知識がない限り難しいでしょう。しかし、将来はこの場所はどのように使う可能性があるだろうかと考えることは可能です。それをプロに伝えれば、それに応じた対策を練ることができます。大切なのは、将来性という視点で、考えを必ず伝えることです。そして、家族全員で将来性について話し合うことです。この視点は、「機能性」「デザイン性」が決まった後、最後に考えます。最後に考えますが、必ず考えることをお勧めいたします。
 以上が最適な防草対策を選択する際に必要な3つの視点です。順番も内容通り「機能性」「デザイン性」「将来性」の順で考えると効率的に最適な選択肢にたどり着きます。

④雑草対策に失敗した事例

⑤雑草対策に成功した事例

⑥今雑草対策をしたい方へのお得情

これまでになかった!業者を選ぶことが最も重要だということを説明した禁断の冊子!これまで業者が口にしなかった…業界暴露本(同業者お断り!)取り扱い注意!