トップ » ブログ » スタッフブログ » お庭についてひとりごと » ”蹲踞” 読み方分かりますか?
スタッフブログ
”蹲踞” 読み方分かりますか?
s-2

蹲踞(つくばい)

皆様はご存知ですか?

見たことある、お家にある、という方も少なくはないと思います。

ただ、蹲踞(つくばい)の”意味”を

ご存知の方はあまり居られないのではないでしょうか。

知っておられたら素晴らしいですね!

最近は和風庭園の人気も少しづつ戻っているようですね!

若い方でも”和”が好きな方がおられるようで!!

やはり侘び寂び、日本人には大切だと実感します(*^^*)

今回は蹲踞の意味をご紹介します。

下の写真のものが『蹲踞(つくばい)」です。

s-9

身をかがめて手水鉢を使うところから蹲踞と呼ばれています。

茶庭に用いられ、茶事の際に客人が身を低くして、

手水を使い、心身を清めました。

中心にあるものが”手水鉢(ちょうずばち)”、手を洗うために水をためる石です。

その周りを囲んでいる石は全て役石で意味があります。

手前にある石が”前石(まえいし)”、手を洗う時にのる石。

右手にあるのが”湯桶石(ゆとうせき)”、冬にお湯で手を洗うために湯桶を置くための石。

左手にあるのが”手燭石(てしょくいし)”、手燭=ランプを置くための石。

(上記は表千家の作法、裏千家だと左右が逆になります)

この様な意味があります。

 

知っていたら見方が変わってきますね!

蹲踞の大きさや使われる石は、ものによって様々です。

最初の写真の蹲踞の大きさは良く目にする大きさですね。

中には下の様に、とても大きいものもあります!!

 

普通のお家でこの大きさのものに出会うことは滅多にないですが、

お庭にあったらとっても格好いいですね!!

蹲踞に出会う機会があったら、

是非意味を思い出しながら眺めて楽しんでください!

s-13

(写真のものはタケダ造園(本社)に展示してあります。気になられた方は是非見学にお越しください!)

あなたにオススメのトピックス