トップ » 施工事例 » お庭のリフォーム植栽 » 曲線サブアプローチが空間をデザインする庭。
お庭のリフォーム
曲線サブアプローチが空間をデザインする庭。
出雲市、雲南市、大田市で雑草対策からウッドデッキなどのエクステリア工事をしております!Takezo・ファームです(・∀・)

お庭の外構は完成したものの、お庭の部分は手付かず。
お庭を緑にしたいけど、雑草や苔で緑になるのは嫌~!
でも、全面ただ芝生でいいのか?
友だちやご近所さんを呼んでBBQをしたりしたいし…
畑をやりたいけどうまくいかず…しゃがむのが辛いお母さんにも畑が出来るようにしてあげたい!
ご両親のためになるべく段差の少ない、歩きやすい庭にしたい。


そんなお悩みに、このようなご提案をしました!
・駐車場→倉庫、勝手口→倉庫、玄関→倉庫それぞれいつも通る場所は芝生を貼るだけでなく通路を確保。
・BBQスペースは通路の舗装のデザインを工夫して広くとり、普段は通路、でもBBQもできる空間にする。
・アプローチから見た時に庭へ入ってみたくなるような、お庭の奥へ導く通路デザイン。
・畑は地面の高さでするのではなく、立った状態で作業ができる移動式のものにする。

最初は植物に興味をもっておられなかったご主人も次第に興味津々に(^^)
しばらくは雑草との戦いですが、天然芝でグランドカバーをすることになりました。
天然の緑の絨毯。畑も設置して、まさに育むガーデンになりました♪
カラーコンクリート、〈TOYO〉ベイクブリックペイブ(B・Bボルドー)、ヒメコウライシバ
お問い合わせ
あなたにオススメのトピックス