トップ » ブログ » 木のお医者さん奮闘記 » 木のお医者さん奮闘記 » 脱線(^_^;)桜について・・・・
木のお医者さん奮闘記
脱線(^_^;)桜について・・・・
PAK93_aozoraninobirusakura20140405_TP_V

2月は雪が大変でしたね。出雲市も雪ですごいことに・・・!
雪が解け、2月ももう終わり・・・・そろそろ春が近づいてきましたね。
春、と言えば入学シーズン・・・・桜ですね。

桜は沢山の種類があるのですが、ソメイヨシノのお話をさせていただきます。
春一番、入学シーズンにソメイヨシノが花を咲かせるのは、もちろん私たちに春をお知らせするため・・・

ではなくて、昆虫が活動を始めて受粉を手伝ってくれるからなんです。
そう、花は子孫を残すための大切な手段です。桜人生の中で最も重要な仕事が、この花を咲かせて実を作り、子孫を残すことだと言えます。

ところが、ソメイヨシノは同じ種類とは受粉ができないのです。実はなっても他の木との受粉なのでソメイヨシノは生まれない・・
実は、ソメイヨシノは人間が枝を挿し木して増やさないとなくなってしまうんですね。

そうです、綺麗な桜の花を楽しませてくれるその桜は、ずいぶん前に誰かが植えて育ててくれたものなんですね。

施肥の話から随分と脱線してしまいました。
満開の桜も、花を咲かせる力は養分から得ているのですよ。

次回こそは、冬の施肥についてお伝えします~

あなたにオススメのトピックス